名言

『迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい』の名言集

※このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています。

今回は、『迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい ~ No.1キャリアコーチが贈る 心の重りを軽くするヒント』に書かれている名言を紹介していこうと思います。著者である"馬場 啓介”さんは、CTPのトップトレーナーであり、ICFの試験官も務めるというカッコいい経歴を持つ方のようです。その方が書いた本に載せられた言葉を、下記で紹介していきます。

『迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい』の名言集

自分のすべてを好きになるのは不必要

自分のすべてを好きになる必要はありませんが、自分の受け入れがたい一面もきちんと認めて上手に付き合っていくことが、自分を大切にしていく秘訣。

迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい

自分のすべてを好きになることはないけれど、受け入れ難い一面を認めることが大事なようです。それに受け入れ難い一面を認めることにより、自分の成長にも繋がるのかなと思ったりしました。自分のすべてを好きになるというよりかは、自分という存在自体をどれだけ受け入れることができるかが大事で、自分を大切にしていく秘訣みたいです。自分を見失ったときに、振り返って読みたい言葉です。

長い付き合いの夫婦でも

どんなに長い付き合いの夫婦であっても、その人のことをわかったつもりになると決めつけが多くなり、相手の話を聞かなくなるし聞けなくなる。

迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい

長い付き合いでも、短い付き合いでも、相手のすべてを分かった気になってしまうと、決めつけが多くなるみたいです。それに、決めつけが多くなると相手の話を聞かなくなり聞けなくなるようです。付き合いに関して、お互いのどの部分を尊重しているかだったりが大事なのかなと思いました。あくまで付き合っていても他人です。そのことを念頭に置いて付き合っていくべきですね。

幸せと幸せな人

幸せとは、なるものではなく感じるものであり幸せな人を定義するならば、自分が恵まれていることへの感謝を行動に移せている人なのではないでしょうか。

迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい

著者の定義する幸せな人として「自分が恵まれていることへの感謝を行動に移せている人」と書かれていましたが、素敵な考え方だなと思いました。自分は幸せな人を考える機会が乏しく、ここまで超越した思想を持っていませんでした。なので、この定義を見て著者にファンになってしまいました。これから「感謝を行動に移す」ことに気をつけて生きていこうと思えました。

自分という存在意義

自分とは誰かとの関わりの中で存在し、そこではじめて見えてくるもの。人と深く関わり、自分では気づけない課題や伸びしろを指摘してもらえること以上に、深く自分を知ることができる方法はない。

迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい

自分という存在をどうやって見つけるのか、それを詳しく書いていました。特にハッとした一節として「自分とは誰かとの関わりの中で存在し、そこではじめて見えてくるもの」です。自分は自分でしかないと思っていたからなのか、新たな視点からの意見を見て”こういう風に自分を見つけるのもいいな”と思えました。どのようにして自分を成長させていくのか、それは誰かとの関わりで気付いていくものなんだと思いました。

長く仲良くいられるには

人と長く仲良くいられる秘訣は、隠そうとしていることを暴こうとしないこと。相手が隠そうとしていることを見て見ぬふりしてあげるのも、優しさであり思いやり。そんな思いやりが親しき中にも礼儀ありなのです。

迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい

自分が以前、呟いたものとして「知らなくてもいいことを、知らないままでいる努力」という言葉を発信したんですけど、まさにこれですよね。知らなくてもいいことを暴こうとせず、見て見ぬふりしてあげる優しさも大事だということ。その思いやりが”親しき中にも礼儀あり”なんですよね。身に染みる言葉が沢山出てくるので、ずっとページを捲りたくなる本となっていました。

さいごに

今回は、『迷ったら、自分を好きでいられるほうを選べばいい ~ No.1キャリアコーチが贈る 心の重りを軽くするヒント』に書かれている名言を紹介していきました。どうだったでしょうか。カッコいい経歴を持つ方の書かれる書籍は、心に刺さる言葉が沢山散りばめられていました。この記事を通して、この本に興味を持ってくれると嬉しいです。このサイトでは引き続き、”名言”の記事を更新していくので随時チェックしてくれると嬉しいです。

-名言
-, ,