映画評論

映画『ミッシング』を観たレビュー|愛する娘が失踪した話

今回は、映画『ミッシング』を観たレビューを書いていこうと思います。この映画は、愛する娘が失踪し、娘を探すために奮闘する人間の話です。人間の壊れてしまいそうな繊細さだったり、他力本願なところなんかを垣間見ることができました。主演でもある石原 さとみさんの演技には脱帽です。それでは、映画を観たレビューを書いていきます。

『ミッシング』のキャスト一覧

キャスト一覧

NAMENAMENAME
石原 さとみ青木 崇高森 優作
有田 麗未小野 花梨小松 和重
細川 岳カトウ シンスケ山本 直寛
柳 憂怜美保 純中村 倫也
映画.com

スタッフ一覧

QA
監督吉田 恵輔
脚本吉田 恵輔
製作井原 多美 / 菅井 敦 / 小林 敏之 / 高橋 雅美 / 古賀 奏一郎
企画河村 光庸
プロデューサー大瀧 亮 / 長井 龍 / 古賀 奏一郎
アソシエイトプロデューサー行実良 / 小楠 雄士
映画.com

『ミッシング』のあらすじと解説

あらすじ・ストーリー

ある日、街で少女失踪事件が発生する。母親の沙織里はあらゆる手段で娘を捜すが、有力な手がかりも見つからないまま3カ月が経つ。世間の関心も薄れ、夫との温度差に苛立つ沙織里だったが、失踪当日にアイドルのライブに行っていたことがSNSに投稿され……

映画ナタリー

解説

主演の石原さとみが、身近にあふれる情報の波に翻弄される社会派ドラマ。娘の失踪事件をきっかけに、夫との喧嘩が絶えず、SNSでの誹謗中傷に晒された母親が徐々に平常心を失い、世間が望む姿を演じる様を描く。監督は『ヒメアノ?ル』の吉田恵輔。共演は『サイレント・トーキョー』の中村倫也、青木崇高、森優作、小野花梨、細川岳、美保純ら。

映画ナタリー

『ミッシング』を観たレビュー

報道の基本は「事実」

報道の基本でもある「事実」を伝えなければならないけれど、伝えることで当人が悲しむ結末になることを思い、報道できない人情があるのだと思いました。石原 さとみさんの元に”娘が見つかった”という連絡が来て警察署に行くシーンがあったのですが、それがデマだと知り尿失禁をしてしまうところは胸が苦しくなりました。報道機関関係者も流石に、そこばかりはカメラを止めていました。

自分だけが狂ってるように

石原 さとみさんが必死になって探しているのに、旦那の無責任な態度を見てイライラする気持ちも理解できます。しかし、慌てていても何も生まないから落ち着いて対処をするという旦那の意見も分かります。お互いの意見が平行線のまま、交じり合わない時間はムズムズしました。しかしラストに向かうにつれ、お互いの考えや行動が理解できるようになるところは"夫婦って偉大だな"と思わされました。

一部分しか見ていないネット民

報道されている一部分しか見ていないのに、ネット上で誹謗中傷を書く人がいるんだと改めて気付かされるものがありました。勿論、誘拐された日にLIVEに行った母も悪いと言えば悪いですが、そんな「今日は誘拐されるからLIVE行けない」なんて無理だと思います。誰もがその当人になり得るのだと思いました。そしてニュースを見ただけで、憶測をその被害者にぶつけるのはダメだと思いました。

2年経っても続く

この映画がどう終わるのだろう、と観ていました。「娘が見つかってハッピーエンド」なのか「娘が亡くなった状態で見つかってバッドエンド」なのか。しかしこの映画には終わりが存在しませんでした。というのも、映画自体は終わるものの、2年経っても娘を探し続ける夫婦が描かれていました。そこから読み解くに、”この夫婦はまだどこかで娘を探している”と思わせる作りなのだと思いました。

さいごに

今回は、映画『ミッシング』を観たレビューを書いていきました。どうだったでしょうか。報道関係や警察関係、子供のいる方にとっては大切だとも言える映画だったと思います。この記事を通して、この映画に興味を持ってくれると嬉しいです。このサイトでは引き続き、”映画評論”の記事を更新していくので随時チェックしてくれると嬉しいです。

-映画評論
-, ,