名言

ローランド『俺か、俺以外か。』の名言集|ローランドの美学

※このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています。

今回は、ローランドさんの書籍『俺か、俺以外か。』に書かれている名言を紹介していきます。言う言葉全てが名言になるローランドさんですが、どのような言葉をこの書籍では紡いでいるのでしょうか。ローランドさんの美学を身につけることで、ローランドさんのような素敵な男性に一歩近付いてみましょう。では、下記で名言を紹介していきます。

『俺か、俺以外か。』の名言集

2種類の男性しかいない

「俺以外」として生きるほうが何倍も楽だろう。周りと同じでいい。カテゴライズされた中の一人でいいという感覚は、ぬるま湯のようで楽なのかもしれない。でも俺は、どんなに楽で居心地が良かろうと、「俺以外」として人生を歩んでいくのは嫌なんだ。きつくても、つらくても、どんな犠牲を払ってでも、唯一無二の「俺」でいたい。ドッペルゲンガー達もお手上げになるほど、唯一無二の「俺」でいたい。俺は、これからも言い続けるだろう。世の中には二種類の男しかいない。俺か、俺以外か。とね!

俺か、俺以外か。

このようなマインドを持つ男性は格好いいんだな、と思わせる言葉でした。特に印象的な一文として「ドッペルゲンガー達もお手上げになるほど、唯一無二の「俺」でいたい」が挙げられると思います。自分は自分であって、ドッペルゲンガーはあくまで俺に似た人物に過ぎませんよとのこと。ドッペルゲンガーに「まさか貴方様のような方と似ているだなんて光栄です」と言われるほどの人物になれれば格好いいなと思いました。「俺か、俺以外か。」という名言の背景にはこのような思いがあるみたいです。

恋愛相談にのる

恋愛相談に乗ることが多々ある。(個人的にはあまり共感できないのだが)基本的に人は寂しがりな生き物だと思う。「誰か」にそばにいてほしいと願うものだ。そして、その「誰か」を「好き」と錯覚しようと必死になっている。

俺か、俺以外か。

恋愛相談に乗りまくる自分にとっても、首がもげてしまうほどに共感できる言葉でした。「人は寂しがりな生き物」であり、誰かがそばにいないと不安な気持ちになってしまうものなのかなと思います。そして「誰か」を好きだと錯覚するために恋愛相談という態で誰かに縋るんじゃないかと思いました。浅い恋愛をしたくないのであれば、誰でもいいなんて言わず、〇〇がいいと言えるほどに純粋な恋をしたほうがいいんじゃないかなと感じました。

証明すればいい

自分が信じた道を、仮に全員が反対と言うのならば、その全員が間違っていたのだということを証明すればいいだけの話だ。

俺か、俺以外か。

自分の決めた道ほど、他人は否定するものですよね。おそらく前例がない道を選択した時ほど、周りの人らは笑ってきたり馬鹿にするんじゃないかと思います。そこで挫けずに前に進むか、挫けて周りと同じ道を辿るのか、自分次第ですが自分が決めた道ならば最後まで貫いて証明すべきだと感じました。受験とか就活とか、これから先の人生で選択を迫られるタイミングがあると思いますが、周りの意見よりも自分の意見を尊重して進んでいってほしいなと思いました。

現実に目を向けて

現実にしっかりと目を向けて、「病む」のではなく、「悩んで」ほしい。

俺か、俺以外か。

特に夜、これから先の見えない未来に失望して病んでしまう人に見てほしい言葉です。ちゃんと現実を見て、病むのではなくどうすればいいのだろうと悩むことが大事だと書かれていました。自分もすぐに病んで「消えてしまいたい」と思ってしまう性なので、そういう時こそ「どうすればこの状況を打破できるか」という悩みを抱いて生きていこうと思えました。そっと背中を押してくれるような言葉がたくさん載せられており、自分の好きな一冊になりました。

条件付きの好き

条件付きの好きは、本当の好きじゃない。説明できない好きが、本当の好きなのだ。

俺か、俺以外か。

ローランドさんの”本当の好き”に関する定義が載せられていました。条件を付けてしまう好意は本当の好きではないですよとのこと。説明できないけど好きという思いが本当の好きだと書かれていました。確かに、「なんか分かんないけど好きだな」って瞬間がいくつもあったりします。そういうものを本当の好きと言えるんじゃないかなと思いました。これから誰かを愛することがあると思いますが、条件のない好きに焦点を置いて恋したいなと思えました。

さいごに

今回は、ローランドさんの書籍『俺か、俺以外か。』に書かれている名言を紹介していきました。どうだったでしょうか。モテ男と称されるほどの帝王である方の言葉は、心を持っていかれるような優しさを帯びているように感じました。この記事を通して、この書籍に興味を持ってくれると嬉しいです。このサイトでは引き続き、”名言”の記事を更新していくので随時チェックしてくれると嬉しいです。

-名言
-, ,