音楽評論

Ado『唱』を聴いてみた感想|こんな人に刺さる一曲

今回は、Adoさんの『』を聴いてみた感想を書いていこうと思います。2020年10月23日にリリースされた『うっせぇわ』というデビュー曲をきっかけに、様々な活躍を遂げるAdoさんの新曲ということでワクワクした気持ちで聴けます。

まず『Ado』を知ろう

今までにAdoさんの楽曲を聴いたことがある人なら一度は、「この人は何者なんだ」と思ったことはないでしょうか?自分はずっと、Adoさんは何者なんだと思ってました。ウキウキしながらAdoさんについて調べてまとめたので、ぜひ見てみてください。

QA
本名不明
年齢21歳 (2023年10月29日現在)
性別女性
現住所東京都
好きなもの寿司(マグロ)
嫌いなもの
同居人虫 (2023年9月8日現在)

私が調べる限り、こういった情報しか見つけられませんでした。もっと有力な情報はWikipediaや他サイトにあるかもしれません。もっと"Ado"さんを知りたい方はぜひ、そちらをご覧ください!

Adoさんの今までの楽曲

次は、Adoさんが今までに出してきた楽曲を紹介していこうと思います。100万再生は優に超え、もはや1億再生の楽曲も沢山あります。全ては紹介し切れないので、自分の好きな楽曲をいくつか紹介していきます。

題名現再生回数リンク
うっせぇわ2.9億再生Youtube
ギラギラ1.5億再生Youtube
永遠のあくる日1,053万再生Youtube
会いたくて215万再生Youtube

自分はもう、『永遠をあくる日』の虜です。「まるでベタな映画のエンドロールだ。あいしてるあいしてるあいしてるなんて」という部分を聴いたときはもう、心が動いたからか一生忘れられない楽曲として覚えています。ぜひ、Adoさんの好きな楽曲を教えてください!

『唱』を聴いた感想

全てを書くにしては印象に残るフレーズばかりだったので、自分が特に”ここよく歌えるな”や”歌詞が好き〜”という箇所を抜粋して感想を述べていきます。自分と同じ箇所を好きな人がいましたら、コメント欄で教えてください。

フレーズ.1

Nah-Nah-Nah-Nah-Nah, Ready for my show|Okay たちまち独壇場 Listen listen|Nah-Nah-Nah-Nah-Nah, Ready for my show|傾け振り切ろう

UTA5歌詞

これは曲が始まる冒頭部分のフレーズです。自分は”曲を聴こう”と思い、流したところ初っ端から心が奪われました。Adoさんらしいと言いますか、Adoさんにしかできない歌い出しがこの楽曲の良い所なのかなと感じました。USJとのハロウィンコラボとして起用されてるらしく、これはUSJに行くたくなると思わせる冒頭でした。

USJ新CM

フレーズ.2

意思表示にもうじき衝撃の声高らか堂々登板

UTA5歌詞

「声高らか堂々登板」という作詞ができる"トップハムハット狂"さんも凄いですし、ここの息を抜く感じのAdoさんも好きです。絶対にここを歌うの難しいと思うんです。逆に、難しくないわけがない。そこを何度も練習して、何度も収録し直したのかなと考えると愛らしく思えてきます。一言一句、心がこもっていて毎秒毎秒が貴重な一瞬と化しています。

フレーズ.3

Look at me now|皮膚を破りそうな程に跳ねる心臓くらい激情的仕様

UTA5歌詞

後半の低音ボイス、本当にやばいです。Adoさんの配信を見ていると地声が低いのかな、と思う部分もあったのですが魅力的な低音ボイスで、というか吐息の混ざるエッチな感じもできるのかと興奮しまくりました。多分、初見の人でここでやられた人が何人もいるんじゃないかと思います。今から聴こうと思っている人は、後半の冒頭に気をつけて聴いてください。心臓を奪われます。笑

フレーズ.4

しゃかりきじみちゃう

UTA5歌詞

ここのワンフレーズで、Adoさんの凄さが表現されているように感じました。高音から入って、ガラガラ声に変わる瞬間はもうAdoさん特有のオーラを纏っていますよね。臨場感のある歌声だからこそ、ファンを魅了しているのでしょう。

フレーズ.5

蛇腹刃蛇尾 騙る二枚刃|野心家 嫉妬するようなジュース|たぶらかすなかっとなっちゃ嫌|十色のバタフライ

UTA5歌詞

これに関しては早口を言えない自分にとって、ここまで早口で歌を歌えるのかと感心してしまいました。Adoさんにしかできない表現で、難しい漢字や読み仮名、テンポやリズムに乗って軽快に歌い狂う感じが癖になります。こんなん、USJで聴いてしまったら踊り出してしまいそうです。

さいごに

今回は、Adoさんの『唱』について感想を述べさせていただきました。こんな自分が感想を述べて良いのか、と思うほどの完成形で素晴らしかったです。Adoさんがこれから、どういった成長を遂げていくのか楽しみで仕方がありません。皆さんでAdoさんのご活躍をお祈りしましょう。

-音楽評論
-, ,